iPhone4/4Sを分解する基本ツール星形ドライバー

iPhone4やiPhone4Sを分解しようと思うと、基本的に特殊形状の星形ドライバーが必要になってきます。

基本的にこの二本のネジを外せば、バックパネルをずらすだけでiPhone4/4Sの中味は全て分解可能。分解する際のツールは+の精密ドライバーがあればほぼOK。いくつかの部品を剥離するのにスクレーパーやマイナスドライバーがあればいい程度です。 続きを読む »

iPhone4を分解ホームボタンを交換

私はiPhone4を真っ赤にカスタマイズしていますが、カスタムならではの問題もあります。フロントパネルもバックパネルも、ホームボタンも赤なので当然修理する際のパーツも通常ルートでは仕入れることが出来ません。

カスタムiPhoneのパネル部分は撥油処理もされていないので、私はホームセンターで買ったガラスコートをパネル全体に塗ってみたのですが、たいした効果がない上にホームボタンが溶けてしまい、何とも無様なiPhoneになってしまったのです。

そこで今回は自力でiPhoneを分解し、ホームボタンの交換に挑戦してみました。

続きを読む »

iPhone4を真っ赤にしてみました

ホワイトモデルが幻となったiPhone4。僕のiPhone4は発売と同時に買ったブラックモデルで気に入って使ってましたが、以前からECSのコーポレートカラーの赤にしたいと思っていました。そのカスタマイズが出来ると聞いて、早速オーダーしました。

真っ赤です。質感はオリジナルと同じです。赤になったので指紋が目立つのが難点ですが。

真っ赤です。質感はオリジナルと同じです。赤になったので指紋が目立つのが難点ですが。

壁紙もコーポレートカラーで統一しECSのロゴを入れてます。ボタンもきれいな赤

壁紙もコーポレートカラーで統一しECSのロゴを入れてます。ボタンもきれいな赤。カスタムらしくマイiPhoneにSlim Redと命名。(※スリムレッドはリンゴの品種名でもある)

裏もこの通り。ちゃんとアップルのロゴとiPhoneの文字も入ってます。

裏もこの通り。ちゃんとアップルのロゴとiPhoneの文字も入ってます。

センターパーツもカスタムオーダーでつや消しの赤に塗装してます。操作性と質感を考慮してボタン類はオリジナルを使用しました。

センターパーツもカスタムオーダーでつや消しの赤に塗装してます。操作性と質感を考慮してボタン類はオリジナルを使用しました。

ちなみにこれがオリジナルのブラックモデルのパーツです。真ん中のケースに基盤とバッテリーが入ってるのですが、基盤が小さいのに驚きました。

ちなみにこれがオリジナルのブラックモデルのパーツです。真ん中のケースに基盤とバッテリーが入ってるのですが、基盤が小さいのに驚きました。

オリジナルから赤に換装しているところも撮影して、実況ツイートしようと思ってたんですが、よく考えたらiPhoneを分解するので撮影できないことに現場で気付きました(笑)

今回カスタマイズをお願いしたのはcustom doctorさん。

top-main-010
他にもまぶしいゴールド仕様、キュートなミントブルー、もはや定番になったホワイトなどなど、お好みに合わせてカスタマイズできるそうです。