iPhone4/4Sを分解する基本ツール星形ドライバー

iPhone4やiPhone4Sを分解しようと思うと、基本的に特殊形状の星形ドライバーが必要になってきます。

基本的にこの二本のネジを外せば、バックパネルをずらすだけでiPhone4/4Sの中味は全て分解可能。分解する際のツールは+の精密ドライバーがあればほぼOK。いくつかの部品を剥離するのにスクレーパーやマイナスドライバーがあればいい程度です。 続きを読む »

iPhone4Sのパネルを交換

先日iPhone4S用のカスタムパネルを入手したので、久しぶりにiPhone4Sを分解してフロントパネル、リアパネルを赤色に変えてみました。

iPhone4とiPhone4Sは外観を見るとその違いがほとんどなく、サウンドのオン、オフボタンの位置が異なる程度ですが、中味は随分と異なっています。

後継機種のiPhone4Sでは各部に改良が施され、iPhone4の欠点を解消しています。このため全ての部品が全く別物で、ネジの位置も異なります。

向かって右がiPhone、左がiPhone4S。メインボード、バッテリー、カメラ、Doc接続ユニット、全て違います。分解の仕方も違います。

続きを読む »

ここまで出来るiPhoneのカスタマイズ

以前このブログで紹介したiPhoneのカスタマイズですが、私のiPhone4はフロントプレートとバックプレート、それからボタンも赤色に変えてカスタマイズしています。

オリジナルのiPhoneはブラックとホワイトモデルしかないので、これだけでも目立つのですが、今は更にカスタマイズが進歩していて、バックプレートにオリジナルのロゴを入れたり、発光させることも出来るようになったとのことで、早速現物を見てきました。


こんなカスタマイズまで出来てしまうんですね。かなり目立ちます。さらにさらに、こんなカスタマイズも…

続きを読む »

アルミホイール修理。ブロンズアルマイトを塗装で修復

今回はアルミホイールの補修作業です。ちょうど一年くらい前にアルミホイールとタイヤを交換して18インチから19インチにインチアップして、アルミは見た目重視でリムがブロンズアルマイトという処理をしたWORKのGNOSIS GS3 [グノーシス ジーエススリー]を特注で作りました。通常のリムはアルミの地金の色ですが、ブロンズアルマイトは薬品処理で茶色っぽいメッキ色のような処理をしています。

このカラーリングは気にいっていたのですが、購入してから二週間後と10ヶ月目にガリッとやっちゃいました。今回は初回の補修に二回目の補修経験を合わせて、通常は不可能に近いブロンズアルマイトのホイールを塗装で修復するテクニックについてご紹介します。

インチアップでありがちなリムの破損


装着してからわずか二週間で、妻が擦ってくれました。( -_-)
全体的に見てもブロンズアルマイトのリムなので、アルミの地金が目立ちます。外周の三分の一ほどの範囲でガリってます。
続きを読む »

iPhoneのホームボタンが効かなくなるという事例を検証

日本のみならず、世界的にスマートフォンの普及率はぐんぐん伸び続け、スマートフォンの元祖iPhoneは3Gから数えて3世代目。Apple製品が大好きな私は日本発売直後に3Gの16GBを購入し、今のiPhone4で3世代目。

1代目の3Gは発売当日の2008年7月11日に購入したので、気がつけばiPhoneユーザー歴がちょうど3年を越えたところです。

私の周囲にもiPhoneユーザーは大勢いますが、発売から3年も経つとどうしても故障や破損といった話を聞く機会も多くなります。iPhoneのような精密機器はとても細かい部品を多用していますし、その内部や構造を知れば知るほど、信じられないような耐久性を持っているなと感心します。でも普通に使っているとへたった、壊れたというのはどうも納得がいかない症状なんですよね。

iPhone3Gスケルトン仕様!なわけない。

iPhone3Gスケルトン仕様!なわけない。

続きを読む »