Mac用ウイルス対策ソフトESET Smart Security

昨日Appleの2011年第3四半期決算が報告され、四半期ベースで過去最高の売上高、純利益となりました。
iPhoneとiPadが過去最高の販売台数となり、Macの売り上げも好調だったようです。

私の周囲でも多くの人たちがiPhoneとiPadを使い、パソコンもMacに変えるという動きが広がっていますが、Macのシェアが伸びるにつれて問題となるのがウイルス対策です。

ESET Smart SecurityのMac版がついに登場

ESET Smart SecurityのMac版がついに登場

今までだとMacはデザイナーやクリエイターのツールとして普及率が高かったものの、利用者はWindows PCに比べて少数で、実際ウイルスの標的となることもあまりありませんでした。

続きを読む »

iPhoneのホームボタンが効かなくなるという事例を検証

日本のみならず、世界的にスマートフォンの普及率はぐんぐん伸び続け、スマートフォンの元祖iPhoneは3Gから数えて3世代目。Apple製品が大好きな私は日本発売直後に3Gの16GBを購入し、今のiPhone4で3世代目。

1代目の3Gは発売当日の2008年7月11日に購入したので、気がつけばiPhoneユーザー歴がちょうど3年を越えたところです。

私の周囲にもiPhoneユーザーは大勢いますが、発売から3年も経つとどうしても故障や破損といった話を聞く機会も多くなります。iPhoneのような精密機器はとても細かい部品を多用していますし、その内部や構造を知れば知るほど、信じられないような耐久性を持っているなと感心します。でも普通に使っているとへたった、壊れたというのはどうも納得がいかない症状なんですよね。

iPhone3Gスケルトン仕様!なわけない。

iPhone3Gスケルトン仕様!なわけない。

続きを読む »

Macで快適Windows環境Parallels Desktop 6 for Mac

ECSでは企画制作のすべての作業をMacで行っています。
元々は私自身がMacユーザーだったということもあるのですが、多くのクリエイターがMac環境を使っていて、データのやり取りに関しても親和性が高いですし、共通の環境を使うことによってトラブルシューティングも共有できたりとメリットもあります。

それに何といってもインタフェースの完成度が高く、ドラッグ&ドロップなど操作性に優れています。処理速度やソフトの起動、不具合の少ないところもヘビーユーザーが多い所以ではないかと思います。

最近私の周囲ではWindowsユーザーだった方がMacに変える事例も多く、ほとんどのアプリケーションソフトは互換性がありますし、クラウドの発達でアプリケーションの共通化が進んでいるのも背景になっているのでしょう。
続きを読む »

Mac起動時にEC studioのチャットワークを開く小技+ChatWorkをクライアント風にしてみる。

最近社内や社外との業務進行、プロジェクト別での進行管理に使っていて便利なのがEC studioのチャットワークというサービス。これかなり便利なんです。

ECSは創業当時にMacのichatで業務進行管理を行ったり、エンジニア用のバグトラッカーでタスク管理を行ったり、Googleドキュメントでプロジェクト管理を行ったり、時にはSkypeなども使ったりしていましたが、ichatでは時系列や優先度、ToDoを把握しにくいし、バグトラッカーはインタフェースが機械的でわかりにくい(しかも英語だし)、Skypeではオフラインでデータ共有が出来ないなど、問題もありました。

ところが、このチャットワーク、Skypeとバグトラッカーとデータストレージが一つにまとまった感じで、非常に使いやすく出来ています。

続きを読む »

iPhone4を真っ赤にしてみました

ホワイトモデルが幻となったiPhone4。僕のiPhone4は発売と同時に買ったブラックモデルで気に入って使ってましたが、以前からECSのコーポレートカラーの赤にしたいと思っていました。そのカスタマイズが出来ると聞いて、早速オーダーしました。

真っ赤です。質感はオリジナルと同じです。赤になったので指紋が目立つのが難点ですが。

真っ赤です。質感はオリジナルと同じです。赤になったので指紋が目立つのが難点ですが。

壁紙もコーポレートカラーで統一しECSのロゴを入れてます。ボタンもきれいな赤

壁紙もコーポレートカラーで統一しECSのロゴを入れてます。ボタンもきれいな赤。カスタムらしくマイiPhoneにSlim Redと命名。(※スリムレッドはリンゴの品種名でもある)

裏もこの通り。ちゃんとアップルのロゴとiPhoneの文字も入ってます。

裏もこの通り。ちゃんとアップルのロゴとiPhoneの文字も入ってます。

センターパーツもカスタムオーダーでつや消しの赤に塗装してます。操作性と質感を考慮してボタン類はオリジナルを使用しました。

センターパーツもカスタムオーダーでつや消しの赤に塗装してます。操作性と質感を考慮してボタン類はオリジナルを使用しました。

ちなみにこれがオリジナルのブラックモデルのパーツです。真ん中のケースに基盤とバッテリーが入ってるのですが、基盤が小さいのに驚きました。

ちなみにこれがオリジナルのブラックモデルのパーツです。真ん中のケースに基盤とバッテリーが入ってるのですが、基盤が小さいのに驚きました。

オリジナルから赤に換装しているところも撮影して、実況ツイートしようと思ってたんですが、よく考えたらiPhoneを分解するので撮影できないことに現場で気付きました(笑)

今回カスタマイズをお願いしたのはcustom doctorさん。

top-main-010
他にもまぶしいゴールド仕様、キュートなミントブルー、もはや定番になったホワイトなどなど、お好みに合わせてカスタマイズできるそうです。