iPhoneケースを色々と試してみた

iPhone4に機種変更してからはデザインの美しさもあって、何も飾らずケースやカバーも使っていなかったのですが、あるとき落下させてフロントのディスプレイを割ってしまい、それからは自前でパネルを調達し、iPhoneのカスタマイズにチャレンジ。

カスタム用のパネルセット。他にも数種類の色があってたまに着せ替えしています。

すっかりカスタムにはまってしまい、ケースも数え切れないくらい色々なものを購入し、ほぼ日替わりで気分や服装に合わせて使い分けています。

そこで日頃使っているiPhoneケースをいくつか紹介したいと思います。

まず木製ケースですが、色々な材質のものがあり、風合いも質感も違って楽しいです。

このケースは紫檀(したん)という木で、よく工芸品などに使われている材質で、高級感があります。色も落ち着いた感じで中々珍しいものなので、よく人から見せてと頼まれたり、同じ物が欲しいと言った声も聞きます。

紫檀のiPhoneケースは珍しいので注目されることが多い。落ち着いた風合いが気に入ってる。

Dockコネクタ部は金属製のエッジでガードされているので割れることはないのですが、角をぶつけて少し欠けてしまいました。

接合部分も金属製でしっかりフィットします。

iPhone本体に傷が付かないように内側には薄いフェルト素材が貼られています。

iPhone 4/4s 紫檀素材の職人手作り品 セパレートハードケース 充電口金属補強加工 金属ストッパー付き高級タイプ

そしてこれも気に入ってる竹製のケース。天然素材の風合いが落ち着いた雰囲気で、涼しげな感じもするので夏場になるとよく使ってます。

竹製ケースも色々ありますが、角が丸すぎないこのケースが気に入ってます。

ちょっとぶれてしまいましたがコネクタ部分も角取り加工されていて、丁寧な仕上げになっています。

ボタンも付いているので操作性も抜群です。

iPhone本体に傷が付かないように内側には薄いフェルト素材が貼られています。

iPhone 4/4s 厳選竹素材の職人手作り品 セパレートハードケース ボリュームボタン 金属ストッパー付き高級タイプ

そして外出時やフィールドワークの時に便利なケースがこちら。ケースとホルダーが一体となっていてクリップは角度調整自在。またクリップ部をスタンドとして使う事も出来て机に置いておくときもかなり便利。