iPhone4を分解ホームボタンを交換

私はiPhone4を真っ赤にカスタマイズしていますが、カスタムならではの問題もあります。フロントパネルもバックパネルも、ホームボタンも赤なので当然修理する際のパーツも通常ルートでは仕入れることが出来ません。

カスタムiPhoneのパネル部分は撥油処理もされていないので、私はホームセンターで買ったガラスコートをパネル全体に塗ってみたのですが、たいした効果がない上にホームボタンが溶けてしまい、何とも無様なiPhoneになってしまったのです。

そこで今回は自力でiPhoneを分解し、ホームボタンの交換に挑戦してみました。

下の写真はiPhone4を本格敵に分解する前にiPhone4sとの内部の違いがわかるようにバックプレートをスケルトンにして比べてみたものです。向かって左が私のiPhone4、右が友人のiPhone4sです。外観を含めて一見同じように見える両機種ですがミッドフレームの構造が全く異なるので、内部やパネルのツメの位置も異なっています。

分解用のツールや写真のスケルトンパネル、修理に使用した赤色のホームボタンなどは全て友人から調達しました。

分解に使用した各種工具。水色の星形ドライバーがないと分解出来ない。

それではさっそく分解してみましょう。

まずバックプレートを外したところ。本体下部に二本の小さな特殊形状のネジがあります。このネジを外すドライバーが入手困難なわけですが、ドライバーさえあればすぐにバックプレートを外すことができます。

バッテリーを外します。

SIMソケットとSIMカードも外します。

コネクタを外してカメラのユニットを外します

メインのボードは一枚だけです。集中配線しているコネクタ類をスクレーパーで外します

内部のネジはほとんどがボードの固定とフロントパネルの固定に+ネジが使われています。写真の部分のみ-ドライバーで外します。

ボードを外します。パソコンのようなOSやアプリは、こんな小さなボードで動いているんですね!そう考えるとすごい!

これが電源周りのユニットです。ここまで外すとiPhoneは丸裸。残るはミッドフレームとフロントパネルの分離のみ。

ミッドフレームとフロントパネルは側面のネジで固定されていて、両側に大きめの固定ビスが三本、対角線上にも小さなネジで固定している

ミッドフレームからフロントパネルを外したところ。ここまでの分解が本当に手間が掛かる。ここまでしないとホームボタンを交換できないのです!

ちなみにiPhoneのホームボタンの効きが悪くなった時にデコピンとか無水アルコールを浸すとか色々言われていますが、それらは基本的に気休め程度の解決にしかなりません。ボタンの裏には小さくて薄いペコペコスイッチが貼り付けられていますが、当然防水薄膜加工されていますから、無水アルコールでの接点復活はありえません。

写真ではボタンだけ切り離していますが、本来はフレキシブルプレートとコネクタがくっついている。分解する時も一番気を使うのがホームボタン。

これはフロントプレート。薄いディスプレイを割らないように取扱には細心の注意が必要です。

ホームボタンの修理完了〜。

次回は日替わりカラーとか、ミッドフレーム換装、LEDイルミなんかにもチャレンジしてみようかなと思います。(部品が入手できれば…)