カード選びとポイント・マイル獲得の裏技

私の友人は長期休暇のたびに海外旅行に出かけているので、ずいぶん羽振りがいいなと思っていました。数年前に会った時にその事を話してみると、旅行はすべてマイルで行ってるので、飛行機代やホテル代はただ同然だというのです。

同じように普通のOLをしていて海外旅行によく出かけている友人にも聞いてみると、やはりマイルを使っているというのです。

その友人達にどうやったらそんなにマイルが貯まるのか聞いてみると、意外と共通しているポイントの貯め方があり、それから私も自分なりに工夫して実行してみると、びっくりするくらいマイルが貯まりはじめました。

今回はどうやってポイントやマイルを貯めているのかその技をご紹介しましょう。
アメリカン・エキスプレス

揃えるカードは3種類

まずポイントを貯めるのに必要なカードを揃えます。このカード選びが重要です。そのカードは次の三種類です。

  1. アメリカンエキスプレスのカード…メインのカードとして使います。
  2. ANAマイレージカード…JCBの付いているもの(Edy付き)
  3. ファミマTカード…これもJCBが付いている

JCB付きにしているのはアメックスが使えない場合のサブカードとして使うためです。それではこの3種類のカードの使い方を説明します。

アメックスで通しまくる

アメックスは100円で1ポイント貯まります。他のカードはたいてい200円で1ポイントなので、アメックスを使うだけで単純に2倍のポイントが貯まるわけです。
アメリカン・エキスプレス
またメンバーシップ・リワード、ボーナスポイントパートナーズというサービスで提携店でアメックスを使うと2~5倍のポイントが貯まります。
これだけでも他のカードよりもポイントはザクザク貯まるわけです。
アメリカン・エキスプレス
私は会社のカード決済もアメックスのビジネスゴールド一本に絞ってます。

アメリカンエキスプレス「ポイントを貯める」

それから日常的な固定費も電気、ガス、水道、プロバイダなど通せるものはすべてカード決済で支払います。ETCを使っている場合アメックスのETCカードも併用します。

アメリカンエキスプレス「暮らしのお支払」

裏技をもう一つ。アメックスのポイントは移行の仕方に様々な仕組みがあり、1ポイント1マイルに交換できたり、永久不滅ポイントに出来たりするので、マイレージの有効期間が実質無期限にできます。

アメリカンエキシプレス「ポイント移行・旅行商品の購入」

パソリでEdyを購入しコンビニはEdyで払う

コンビニなどの少額決済にも小技を効かせてポイントをがっつり貯めます。まず少額でも現金決済ではなく電子マネーのEdyを使います。

まずEdyのチャージでポイントを貯めるため、フェリカポートが付いているパソコンか、パソコンにパソリをつないでカード決済でEdyをチャージします。

パソコンでANAカードのEdyにチャージする

アメックスカードで決済して100円で1ポイント、コンビニの支払いでEdyを使って200円で1ポイントがゲットできます。

Edy

この時ANAのマイルを貯めるならもう一つ合わせ技があり、Edy機能が付いたANAマイレージカードで支払いをするとそのまま200円で1マイル貯めることが出来ます。

ANA Edyでマイルを貯める

更にEdyマイルプラス加盟店での支払いでは200円で2マイルがゲット出来ます。

Edyマイルプラス

ファミマTカードも使ってWゲット

どうせコンビニでEdyを使うなら、コンビニカードも作っておいて、そのポイントも貯めましょう。ファミリーマートの場合はTカードになっているので、100円で1ポイント貯まります。決済でポイントを貯めてファミマTカードを使ってまたポイントゲットです。

Tポイント

実際私もこの仕組みを知るまでは、マイルやポイントなんてわずかにしかたまらないオマケのようなものと思っていましたが、特にアメックスはポイントがあらゆるシーンで貯まりますし、紹介プログラムで一気に数千ポイントをゲットできる仕組みもあり、私の周囲ではカードをアメックスに切り替えた人が大勢います。付帯サービスの質も高く、ヘルプデスクもとても対応がいいです。

ANAのEdyとファミマTカードもちょっとした買い物でガッツリポイントが貯まるし、小銭を持ち歩く必要もないので重宝しています。