Macで快適Windows環境Parallels Desktop 6 for Mac

ECSでは企画制作のすべての作業をMacで行っています。
元々は私自身がMacユーザーだったということもあるのですが、多くのクリエイターがMac環境を使っていて、データのやり取りに関しても親和性が高いですし、共通の環境を使うことによってトラブルシューティングも共有できたりとメリットもあります。

それに何といってもインタフェースの完成度が高く、ドラッグ&ドロップなど操作性に優れています。処理速度やソフトの起動、不具合の少ないところもヘビーユーザーが多い所以ではないかと思います。

最近私の周囲ではWindowsユーザーだった方がMacに変える事例も多く、ほとんどのアプリケーションソフトは互換性がありますし、クラウドの発達でアプリケーションの共通化が進んでいるのも背景になっているのでしょう。

ところが、未だにマイナーソフトや一部のwebサービスではOSに依存していることも確かで、Windows環境でないと動作しない物もあります。ブラウザやOSが多様化し、iPadやiPhone、アンドロイド端末などが普及し、Windows優勢の図式が崩壊している現状でもOS依存というのは困りものです。

しかしMacではサクサクとWindowsを動かせますが、WindowsではMacを動かすことは不可能です!この点がWindowsユーザーがMacに乗り換える理由のひとつかもしれませんが、appleはそこまで見据えてCPUをインテルに変更し、Boot Camp(ブートキャンプ)などの機能をMacに実装していたことでしょう。

ところが、Mac標準機能のBoot Campでは、OSをMacからWindowsに切り替えるのに再起動が必要になります。これはちょっと面倒。

そこで登場するのがエミュレーターという仮想環境ですが、Macには昔から数々のWindowsエミュレーターが存在し、VirtualPCなどが有名でした。
でも現状ではParallels Desktopが圧倒的に軽く、早く安く、使いやすいということで、シェアを伸ばし、私を含めて周囲では例外なくParallels Desktopを使ってます。

Parallels Desktop英語版で、OSはXPという時代からECSではParallels Desktopを導入していましたが、その時点ではParallels DesktopでWindowsを操作する度にマススポインタがエミュレータ内部に持っていかれて、Mac環境に操作を戻すのが面倒でした。OSの問題もあるでしょうが、動作もWindowsはもたもたしてました。

ところが最新のParallels Desktop 6 for MacとWindows7の64bitを組み合わせると快適そのものです。

Mac上でアプリケーションのようにWindows環境を操る事ができて、マウスもシームレスにそれぞれの環境に移行します。操作に全くストレスがありません。

これでマイナーなWindowsのアプリケーションソフトやwebサービスもサクサクと快適に利用することができるようになり、オフィスに一台だけあった重くて使いにくいVAIOは永遠の眠りに入りました(笑)

クリエイティブ、IT関係の業務処理には効率化とクオリティーの問題がいつも付きまといますが、核となるパソコンの環境を見直すだけでも相当なメリットがあると思います。
Windowsマシンが遅い、キーボードが叩きにくい、デザインが気に入らない(笑)などWindows環境に不満を持ってる方は一度Macを試してみてください。きっと満足するはずですよ。
Parallels Desktop